まな板


 知らない人にもおすすめ!ホオ(朴)の木のまな板
サイズも自由!お気軽に!

まな板 おすすめ ホオの木

                                      トップに戻る

     <ホオの木>のまな板です。 (朴の木)
  水はけがよくて使いやすく、冬目(年輪)が柔らかく包丁を傷めにくい木です。


朴の木は表面に水を流すとツルンと水が流れます。
そのため、水はけがよくとっても洗いやすい♪

また、ホオノキの板の特徴として年輪が柔らかい事です。
そのため彫刻をするといろんな方向に刻みやすいため好んで使われます。
それがなぜ、まな板に良いかというとその年輪の柔らかさが包丁の刃を傷めにくく
切れ味が落ちにくいという事です。
針葉樹などの年輪が硬い木を使うとすぐに切れ味が落ちるのはそのためです。

  木のまな板はプラスチック製では味わえない包丁の音がします。
トントントン♪と良い音がすれば料理ができるのが待ち遠しくなります♪
 
    また、切ってみるとわかるのですがプラスチックと比べると
   切れ味がまったく違います。ぜひつかってみてください。
これはプラスチック製のものが刃に対し水平にあたるのに対して
木製のまな板は少し食い込むことでまな板の面と刃がぴったり当たります。
そのために切り残しが少なく使いやすくなります



木のまな板の手入れの仕方


使用後に普通の食器用洗剤で洗ってもらえばオッケーです。
ただし、食器乾燥機には入れないでください。

乾燥の仕方ですが、必ず陰干しにして直射日光にあてないでください。
毎日洗った後は立てて干してください。
立て方にはコツがあり、板の長い方を横にするのではなく縦にしてください。
これは木が木目の方向に水を吸いやすいため
(木は立っていたときに地面から水をすっている)
吸いやすい方向を下に向けると水がぬけやすく乾燥しやすくなります。
端っこが黒ずみやすいのはそのためです
使うたびに交互に上下を入れ替えて干すと長持ちします

同様にまな板を立てるときは必ずベタ置きしないでまな板立てなどを使い
少し浮かせて乾燥しやすいようにしましょう


肉・魚用(表裏)と生野菜用と2枚板を使いわけるのも便利です♪


なお、アフターサービスとして送料のみで削り直しも行っておりますので
長年使ってへこんでもまた再利用できます。
(5mmほど薄くなります)



好きな形&穴あけ その他加工 できますので
お気軽にお問合せください


問い合わせ

値段は参考です。お好きな長さと幅と厚みをお願いいたします

多少の欠点があっても良い場合は教えてください
少しお安くできます
(例:裏に小さい節など)

(現在35cm幅より大きい板は在庫がありません)

ホオの木 まな板 1 
 長さ27cm×幅16cm  1000円
厚み18mm〜22mm
朴の木 まな板 4
 長さ32cm×幅21cm 2000円
厚み18mm〜22mm
ホウの木 まな板 7
 35cm×24cm 2600円
厚み20mm〜25mm
朴の木 まな板 10
 42cm×24cm 3000円
厚み22mm〜28mm
朴の木 まな板 2
 長さ32cm×幅18cm 1500円
厚み18mm〜22mm
朴の木 まな板 5
 長さ32cm×幅22cm 2200円
厚み18mm〜22mm

ホオの木 まな板 8
 35cm×25cm 2800円
厚み20mm〜25mm
朴の木 まな板 11
 40cm×27cm 3500円
厚み22mm〜28mm
朴の木 まな板 3
 長さ34cm×幅19cm 1700円
厚み18mm〜22mm
ホオの木 まな板 6
 長さ33cm×幅23cm 2400円
厚み18mm〜22mm
朴の木 まな板 9
 37cm×26cm 3000円
厚み20mm〜25mm
朴の木 まな板 12
 40cm×28cm 4000円
厚み24mm〜28mm
穴あけはサービスです
必要な方は穴の大きさを明記してください
(穴の位置もお願いします
 例:狭い幅の側の中心2cm入った位置)
朴の木 まな板 13
 42cm×30cm 4500円
厚み24mm〜28mm

角をまるめたり(+100円)

持ち手をつけたり(+500円)

お好きな形にしたり

加工したり



    1、長さ 幅 厚さをご自由に決めてメールで
     お問い合わせしてください。(形も自由です。穴あけなども可)
    2、メールでお値段を返信しますので  納得いただけたらご注文
     ください。必要であれば板の写真も添付します。

    まな板以外に使用するホオの木もお気軽にお問い合わせください。

                問い合わせ      注文する


                                  →注文の仕方