津山線脱線事故 続報<JR津山線 やっと開通!>

  

JR津山線運転再開 岩盤固め4ヵ月ぶり玉柏―牧山間      平成19年3月19日付
山陽新聞記事より抜粋


 昨年11月の脱線事故で不通となっていたJR津山線の玉柏―牧山間(岡山市、3・9キロ)で 18日、運転が再開され、同線は4カ月ぶりに全面復旧した。

 JR西日本岡山支社は、岩が崩落した個所にワイヤネットを掛けたり斜面に残された岩を砕いたりしたほか、 線路脇に落石防止柵や検知装置を設けるなどの対策を講じた。

   同市下牧の事故現場には、夜明け前の午前5時18分、約20人を乗せた津山発岡山行き普通列車(2両編成)が最初にさしかかった。 線路脇でJR社員が見守る中、ゆっくりとした速度で通過した。

 JR岡山支社の丸山俊支社長も同乗し「あらためて責任の重大性を感じ、身の引き締まる思いで現場を通った。一層の安全対策に取り組みたい」と述べた。


トピックスに戻る

てくてくロゴ