5月30日付山陽新聞読者ページに
会員「池田早苗さん」の投稿が掲載されました

蒜山ウォークに来賓も参加して     平成18年6月30日
津山歩こう会 池田 早苗

<記事全文>
 新緑の蒜山ウォークの「津黒里山自然ふれあいコース」に5月27日、参加しました。 前日の雨もどうにかやみ、曇り空ながら雨上がりの山の緑の濃淡は美しく、大きなパッチワークのようでした。
 受付・出発式会場付近には、乳母車で参加の若夫婦や小学生を含め、大勢の人が集まり、ウォーク大会初参加の私はびっくり。 「蒜山鼓三座」というかわいい子どもたちの太鼓やソーラン節の踊りで歓迎してくれました。その上、私の大好きな小田和正さんの曲がずっと流れていて、 15Kmを歩き始める気持ちを高めてくれます。
 水田やあぜの草刈のあと、フジ、タニウツギ、ピンクや黄色のツツジ、深い緑のショウブなどを見ながら休憩所へ到着です。 おいしい水と一口チョコ"を頂き、トイレを借りてウォークの続きです。あと3Kmというところから雨が降りだし、傘を差してやっとゴールし、 完歩スタンプを押してもらいました。大会実行委員の方々、お世話になり、ありがとうございました。
市長、来賓のスピーチが短くてとてもよかったのですが、気になることがあります。お忙しいかもしれませんが、 最短のコースでも参加者と一緒に歩いてくだされば、もっと蒜山や湯原温泉が身近に感じ、PRになるのに・・・と思いました。


トピックスに戻る

てくてくロゴ


Copyright (C) 2003-2007 「テクテクおじさんのウォーキング日記」 All rights reserved.