顔 鵬飛さんの中国通信


中国 西安市のウォーキング仲間 顔鵬飛さんの中国からのお便りです。


人と猿6日間共同生活     華商報より
平成19年2月8日

 西安秦嶺野生動物園では全国範囲で六吊ボランテイアを募集し、60頭の 猿と六日間生活することにした。六吊が猿と一緒に食事し、同居している。

 飲み物や食べ物が猿と同じで、すべて飼育者と観客から貰う。偶に猿を真似する必要もある。 市民もネット夢中の方も興味を持っていて、3000人あまり申し込んでいた。 いろいろなテストと試験の結果、六人でその中に女性二人が合格した。

 2月7日「同居生活《が始まった。ボランテイアの感想が動物の生活に邪魔しないべきだそうである。 この度の活動は人間に囲まれた動物の生活を体験してもらうのが目的である。。



高速列車開通     人民網より
平成19年1月28日

上海*杭州高速列車開通

 2月28日7時15分杭州から上海行きの高速列車が発車した。6時30分列車が杭州駅の4番プラットホームに入り、多くの乗客がカメラを出して写真を撮った。
 中国の新型列車は時速200キロ以上で、統一「CRH中国高速鉄道《をして、国産の動力車両となる。
 今日走る車両は上海*杭州5.5本、上海*南京2本で、時速160キロである。
 2月から広州*深せんの間も開始する予定である。尚、4月18日になると、時速200キロにアップする予定。

★時刻表★
杭州——上海南 11:05 12:51 N526
杭州——上海南 13:07 15:31 N530
杭州——上海南 16:20 18:18 N528
杭州——上海南 18:55 20:43 N521

上海南——杭州 8:30 10:16 N523
上海南——杭州 10:01 12:17 N525
上海南——杭州 13:35 15:28 N527
上海南——杭州 16:18 18:04 N529
上海南——杭州 19:38 21:49 N554
宁波——衢州 6:40 14:05


中国人の住所     中国 西安より
平成17年4月6日

中国人の住所

 中国人の住所がわかりにくいとよく言われます。 住所はまず国吊を書き、その次に省と市になります。北京、西安、大連などのような有吊な大都市へ 郵便物を出す場合は、前の省を省略してもかまいません。
 市の後についてくるのが_区(県)_路(或いは_街)_号となります。_街_号はとても重要なものです。 なければ郵便配達人が困ります。なかなか郵便物が届かないかもしれません。
 役所や会社、機構などの住所は全てそのようになります。
例えば:  日本国北京駐在大使館
   住所 : 中国 北京(市) 建国門外日壇路ー7号
 中国人の住所はおもに路と街にしたがって、両側 それぞれ奇数と偶数番号をつけます。例えば奇数は西側に対して偶数は東側となります。_号の中に多い 場合は_号*1号とか_号*2号に分けられます。
 都市では会社や勤務先の住所はわかりやすいですが、 マンションとアパートに住んでいる人が探しにくいです。普通は郵便配達人がマンションとアパートの 門番までしか郵便物を送りません。
 農村にの人の住所は_省_市(_区とか_県)_郷_村_組となります。 村の人々は代々同じ所へ住んでいますので、お互いに知合いですから郵便物は村まで届いたら別に問題はありません。
  例えば   西安 覇橋区 長楽郷 4組  王 勝利 様
 ですから、中国人の友人に手紙を出す時は勤務先まで送るのが一番良いようです。宛先の人が転勤になっても 以前の同僚がメッセージを伝えるのは良くあることです。これが中国人の住所の成り方だと思います。

中国の元旦と春節     中国 西安より
平成17年2月4日

中国の元旦と春節
(原文のまま:表現できない文字もありましたので、読みにくいかもしれません)


 中国人が年にニ回新年を迎えると言われますが,それは本当でしょうか。 西暦によれば、元旦は1月1日で、西暦の新年の始まりと言うのです。 会社や団体組織は全て1月1日を仕事プランと会計決算の開始時間とします。 法律によって国民が元旦にあたり、一日の休みをとります。 でも普通の場合、元旦前後のある土日を延期するとか繰りあげて、三日間連休になります。 春節に対して元旦の間、イベントが少ないですが、国民はほとんど出かけなくて、 家で掃除したり休んだりしています。親戚回りや友人とのパーティもあります。
 2005年春節は2月9日にあたり、旧暦の新年になります。その日から、鶏年が始まるわけです。 旧暦の一月は“正月”と言い、十二月は“(月偏に昔)月”(私のパソコンでは字が出ないので・・・)と言います。 “(月偏に昔)月”になると、皆が家の大掃除、新しい朊の買入、タバコ、 お酒などを用意して春節の準備を始めたのが習慣です。薫製肉類を作ったり、 ソーセージを作ったりして、美味しい食べ物を用意します。 “(月偏に昔)月30日” (30日がない場合もある)の夜は除夜と言い、その日までに皆帰省して、家族団らんをします。 夕食は“年夜飯”と言い、美味しく豊富な“年夜飯”を楽しんでいるのが 家族にとして一年の最高な幸福なこと思われます。その夜から、年輩の方が子供に御年玉をあげます。 1元 から何百元とか何千元とかまでのもあって、家庭により異なります。 子供が楽しく好きなものを買えるように御年玉の習慣が伝えられてきました。深夜の12時になると、 一発爆竹を鳴らし、新年を迎えます。
 1日目の日は“初一”と言い、 “初一上出門”(家を出ない)という習慣があります。物を何も家の外に出せないし、 他人に貸しないで、用事をしに出かけないのが普通です。それは一年の平安と福を祈るためそうです。 初二から十五日まで 親戚回りをしています。そして 十五日は“元宵節”で、“小年”とも言います。 “元宵”とは中身をいれて、米の粉でつくった3センチ丸のものです。 中身は砂糖、くるみ、あんこ、芝まなどで、十五日の人気ある食べ物です。 春節にあたり、全国が三日間休みをとり、春節前後の土日を一緒にして、 一週間の連休となります。十五日を過ぎると春節が終わります。

うどんの話     研修地 四国高松にて
平成16年11月5日

うどんについて

 うどんがよく知られ、人気のある主食の一つです。 昔、弘法大師が中国から持ち帰った製作法と伝われ、当時の人々が その作り方を改良し、 加工技術を研鑚して、 コシが強く、つるりとしたのどごしの良い食感の讃岐うどんを仕上がりました。 香川県人の昼食がほとんどうどんにすることから、街にうどん屋が三千軒も並んでいると予想され、 各タイプの店が 活躍しています。 しかし「うどん《という言葉が 中国西安、洛陽区域の「Hu dou 面《という吊から移り変わってきたのが  あまりにも知られないでしょう。 「Hu dou 面《は 「フードン《に近い発音をしていて、その区域の方言です。ずうっとむかしから、 その辺りは 小麦が盛んなので、主食は主に麺類です。「Hu dou 面《はその中の一つとなります。
 作り方は 小麦粉をこねて、2*30分間おいといてから、麺棒でのばします。薄くなってカタコリ粉をたくさん付けて切ります。 その後また カタコリ粉を撒いて手で揉んでいます。お湯を沸かして茹でて、ちょっとねばねばしていますから、 「Hu dou 面《と言いました。現在、広く田舎の一般家庭は いまでも この面を作って よく食べます。 現在日本のうどんは 作り方が随分変わりまして、「うどん《と言う吊だけが、中国の影響が見られます。(原文のまま)

中国西安市とトキの話
平成16年10月18日

顔さんからのメール
 こんばんは。
昨日お世話になりまして、楽しかったウオーキングでした。ありがとうございます。 歩こう会の皆様と歩きながら、中国主に、そして日本について いろいろ話し合いました。 中国の年金、計画出産、一人子の教育などの話でした。 また 中国の万里の長城にも 皆興味を持っているようです。 百聞一見しかず。いつか チャンスがあれば 北京へ行って、長城を歩こうと、説明しました。 昨日の説明を聞かれて すくなくとも 津山から岡山経由して上海そして 私の故郷西安までどのぐらい時間がかかるか、皆様が 分かられたと思います。 さて 昨日皆様に西安城壁の写真をお見せいたしましたが、 ネットにもっと詳しい説明と写真がありますから、添付してお送りいたします。 もう一つ、陝西省洋県のトキが 全国唯一なもので、国のプレゼントとして日本に送りましたが、 それも 添付して送信いたします。
1.陝西省・西安 城壁とともに生きる街
 自然侵食、人為的破壊、修復、 そしてまた侵食、破壊……。西安の城壁は、約600年の歴史の中で、度重なる試練を乗り越えてきた。 「取り壊してしまえ!《約20年ほど前には、そんな声まであった。 いま、市民が誇りとし、西安のシンボルである城壁の歴史と、 城壁とともに暮らす人々の生活を紹介する。
 世界を見回しても、西安のものほど完全な形で保存・修復されてきた城壁はない。 市民はいま、城壁や城壁をぐるっと取り囲む環城公園と、切っても切れない生活をしている。 しかし城壁と市民は、ずっと快適に共存してきたわけではない。 いまからわずか20年前には、長年の自然侵食と人為的破壊によって、無残な姿に成り果てていた。 そんな時代だったが、折りしも中国では、全国的に歴史遺産の価値を見直す風潮が高まりつつあり、 城壁の修復・保存の追い風になった。しかも歴史学者たちは、 城壁修復に反対する一部市民の声に圧力を感じながらも、一貫して城壁保存の立場をとっていた。 城内中心部の鼓楼(1380年建立)と鐘楼(1384年建立)に挟まれた鐘鼓楼広場も、 もともと平屋が軒を連ねる老朽化した住宅区だった。 区画整理にともない、1996年には公園と地下三階建てのショッピングセンターが完成、 いまでは市民の憩いの場になっている。鐘楼の南東側にはマクドナルドの入った百貨店もあり、 城壁とともに、現代と過去が同居した空間を作り出している。
(記事全文と写真はこちらです。)
2.陝西省洋県のトキ 東方の宝石を守れ
 中国の江沢民国家主席は1998年の訪日の際に、 中国人民を代表して日本にトキのつがいを贈呈した。 また、それと同時に中国の専門家たちも日本に派遣され、 トキの飼育や人工繁殖に協力。2000年には、中国の朱鎔基総理がさらに一羽のトキを日本に贈った。 先に贈られた新潟県佐渡トキ保護センターのトキとペアリングを試みるためである。 その後、これらのトキは次々と繁殖に成功し、今年だけでも12羽のひなに恵まれた。 それはまさに、両国の人々がともに分かち合う慶事であった。
 トキは日本の人々に愛される珍鳥でもある。日本は中国のトキの保護と研究に対し、 多方面にわたる協力や寄付を行っている。 日本の環境庁と(財)日本鳥類保護連盟は、洋県のトキ生息地の改善や冬場における水田の蓄水管理、 営巣区にあたる広い面積の山林保護などに対して、 さまざまな協力支援を行った。また新潟県は政府や民間団体を通して、 洋県のトキ救護飼養センターに、付帯施設の建設資金やテレビカメラによるモニタリング・システム、 人工孵化設備などを寄付した。2001年には、トキ宣伝教育館、標本館、資料室、擬似生態室、 映画・ビデオ放映ホールなどの施設を洋県に設置するために、 日本政府が60万元(1元は約15円、約1千万円)を寄付した。 こうして、トキはまさに両国の人々の友好の「使者《となっているのである。 (記事全文と写真はこちらです。)


トピックスに戻る

トップページ


Copyright (C) 2003-2007 「テクテクおじさんのウォーキング日記《 All rights reserved.